×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびの原因

余分な皮脂分泌が原因で、毛穴が詰まることによっておこる炎症がにきびです。単なるにきびと考えずに皮膚の病気と捉えてきちんとした治療をすることが必要でしょう。にきびの種類によってその原因はいろいろとあります。

まずひとつめは白にきびです。これは毛穴が詰まって皮膚の表面に白く盛り上がった状態になるもので、にきびの初期症状にあたります。白にきびは毛穴が閉じてしまうことが原因でできてしまいます。毛穴が閉じるのを防ぐには、毎日の洗顔を適切に行って、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。

次に黒にきびですが、毛穴内に詰まった皮脂が毛穴の外に押し上げられて、毛穴が開き入り口のところで酸化して黒ずんでいる状態です。毛穴が詰まったり、余分な皮脂が分泌されることがこの黒にきびの主な原因です。

赤にきびは軽症の白にきびや黒にきびを放っておいて毛穴に炎症をおこしてしまった状態です。赤にきびにまで悪化した場合は、食事のコントロールや洗顔などの方法ではなかなか良くなりませんので、そのストレスでよけいに悪化してしまうことがあるようです。

この赤にきびがさらに悪化した状態のにきびを「化膿にきび」といいます。化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。

これらのようにひきびと言ってもその症状には段階があるのです。ですからそれぞれの段階に適した治療をすることが改善につながります。

関連サイト


にきびの予防

にきびの予防に一番有効なのは正しい洗顔です。第一に肌を清潔にすることですから、メイクはしっかりと落とさなければなりません。メイクを落とすクレンジング剤は、油分の多いものは避けましょう。油分が多くなっている肌には良くないからです。拭き取るタイプよりも肌への負担が少ない洗い流すタイプのものがおすすめです。

そして油分が多すぎず少なすぎないものを選ぶようにしましょう。それから刺激が少ないものを選ぶことも大切です。スクラブ洗顔料などは避け、弱酸性の洗顔料のやさしい泡で洗い流すようにすると良いでしょう。

次に洗顔の方法です。汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはやめましょう。そうすると肌を痛め、にきびを悪化させてしまうからです。はじめに髪の毛をまとめて顔にかからないようにしておきましょう。汚れが毛穴をふさいでしまうので、髪の毛の生え際の洗い残しには注意しましょう。

次に毛穴を開くために人肌くらいのぬるま湯で洗い、汚れを落としやすくします。そして洗顔料をよく泡立て、顔の中心から外側にむかって洗っていきます。あまり力をいれずに丁寧に洗うようにしましょう。泡を流すときはこすらないようにぬるま湯でやさしく洗い流して、タオルでもこすらず肌をおさえるようにして水分を拭き取りましょう。

毎日行う洗顔を正しい方法で行うことはにきびの改善や予防に大変効果的です。日々実践してきれいな肌をめざしたいものです。


Copyright © 2008 にきびの原因と予防 All rights reserved.
- ホームページSOS -